昭和34年の東京は空が広いって本当でした。

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観て、鼻の奥がツンとしてきました。
情報があふれている現代と違って、個人が手探りで一所懸命生きてる感じがなんとも心地よいのでした。東京も昭和34年ころは、こんな人情あふれる町だったんでしょうか?
さて今回のALWAYSも高速道路のない日本橋、羽田空港の再現など特撮盛りだくさん。
1作目が終了したときに続編はありえないということだったらしく、セットはすべて破棄していたそう。それを前回との映画と壁のひび一つ残さず同じに再現することから始まったとのこと。舞台美術と装飾のできに感心しまくりでした。キャストもよく揃いました。
オフィシャルサイトには楽しいブログパーツが用意されていて、代表が日めくりカレンダーがいい!っていうからさっそくめくろうとしたら「あっ、今日の分まで全部めくっちゃったから、また明日ね」だって・・・悔しいから別のPCでめくりましょ。
(しかし、エキブロはブログパーツを貼れないのが残念)
映画を観ながらずっと思っていたのは、部屋のにおいがしてきそう・・・ってことです。
パンフレットを読んだら(1作目の時は)セットの裏にイワシのにおいがついた水を撒いたって書いてありました。冗談きついです。
最後に。主題歌はBUMP OF CHICKEN「花の名」!
ギターの弦がこすれる音とかボーカルとか泣けます!!
メガが三丁目にあるので、とチケットをくれたBO-に感謝。
また必ず観たくなる一作でしたよ。三作目も作るんでしょ〜?

■『 ALWAYS 続・三丁目の夕日 』オフィシャルサイト >>>
■ [You Tube] BUMP OF CHICKEN「花の名」>>>
■ [You Tube] BUMP OF CHICKEN「スノースマイル」でも泣きましょう >>>


次回は、特撮つながりということで
ストップ・モーション・アニメの巨匠、レイ・ハリーハウゼンのことについてです。


にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ

クチコミblogランキングへ

人気blogランキングへ

↑ Please, Please, 1Click !  Thank you !

[PR]

by mega-graphics | 2007-11-22 01:53 | Original image

『マッピー』用ボーダー

<< レイ・ハリーハウゼン COMP... ブログ生活8ヶ月に突入したものの >>