照明デザインのなぞno.2  白熱電球がなくなる?

a0097984_10124059.jpg
「白熱球の製造販売を禁止する」というニュースを、ラジオで小耳に挟んで以来気にしていたのに、その後情報が入ってこないのでちょっと調べてみました。政府が温暖化対策の一環として、電球型蛍光ランプの切り替えを呼びかけて、3年以内をめどに製造販売を中止する方針とのこと。(※共同通信のサイトでしたが、日付が1975年と、あやしいのでリンクはしませんね)東京都は「白熱電球一掃作戦」と名前はすごいですが、販売店に消費者が買いやすくなるようにお願いしている程度の取組みどまりでした。でも、電球型蛍光灯は白熱球よりも寿命が6倍とも10倍ともいわれているし、電気代も5分の1。CO2削減に多いに貢献することでもあるし、交換しない手はないのですが、とりあえず、問題点を書き出してみましたよ。ダウンライトは口型が小さいのですが、口型が小さいのも電球型蛍光ランプがあるみたいなので、とりあえず、1個買って試してみようかな?

[1] 白熱電球のようなニュアンスのある光の効果はどうなるの?
[2] ダウンライトに付けると、すごくはみださない?
[3] 単価(1個1000円以上)は、今後どのくらい安くなる?
[4] 点灯後すぐ明るくならない(30秒〜1分)って、ほんと?
[5] トイレとか頻繁に点滅させると、壊れるの?

このブログに訪問してくださるみなさんも白熱球ファン多し!どうしますー?

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ

クチコミblogランキングへ

人気blogランキングへ

↑ Please, Please, 1Click !  Thank you !

[PR]

by mega-graphics | 2008-02-09 10:16 | Original image

『マッピー』用ボーダー

<< 映画「earth」 照明デザインのなぞ no.1 >>