アメン神とツタンカーメン王の像 観た

a0097984_15453290.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ ← 応援クリックよろしくお願いします♪

トリノ・エジプト展(上野・東京都美術館)

トリノ・エジプト博物館が門外不出として守り続けてきた
アメン神とツタンカーメン王の像が公開されたので観てきた。
紀元前1300年ころ作られたとされている高さ2mの像は
想像以上の美しさ!!石灰岩って...



石灰岩ってほんとにきれいだぁ。
美術監督ダンテ・フェレッティが手がけた
トリノの博物館と同じ演出だそうで、なかなかこれが幻想的。
像を間近に見上げながらぐるりと回って観たあと
さらに階段の途中から見下ろすことができたのがよかった。

科学が進歩していない世界に生きる人々の生死に対する思いを
パピルスや棺や彫像から想像するのはおもしろい経験だし
棺の形や子どものミイラに命の重さを想ったりして。。。
中にはほんとうに素晴らしいレリーフもあって感動したし
動物神のフォルムはかっこいい!!!

人の多さと狭さは 残念だったけど(公開直後の日曜日でした...)
観に行って ほんとよかった!と思いました。
おかげで、日食を見られなかったショックを忘れた。
サンキュ〜♪ ツタンカーメン!


■トリノ・エジプト展 公式 HP より・・・展示品が見られます >>>

美術監督/ダンテ・フェレッティ
1943年 伊生まれ

フェデリコ・フェリーニ
テリー・ギリアム、マーティン
スコセッシら映画監督と組む

スコセッシ監督「アビエイター」(2004)
ジョニー・デップ主演「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(2007)
で、米アカデミー賞美術賞を2回受賞。
[PR]

by mega-graphics | 2009-08-11 15:48 | Original image

『マッピー』用ボーダー

<< 映画『かいじゅうたちのいるところ』 おこだでませんように >>