映画『かいじゅうたちのいるところ』

a0097984_23554023.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ ← Please,Please, 1Click! Thank you!

モーリス・センダックの児童書『かいじゅうたちのいるところ』が映画化された。
原題は『Where the Wild Things Are』

私が子どものころは『いるいるおばけがすんでいる』というタイトルでした。
リズムがあって楽しいタイトルですが、おばけっていうのはチト違うかもね。
検索してみたら1966年に初めて日本に紹介された本は、三島由紀夫氏の翻訳で
五・七調の昔話風だったということがわかりました。
当時その翻訳が原作をゆがめていると批判されたんだそうです。
今では復刻を望むマニアもいるらしい。

なぜ子ども向けなのにあんなに怖いキャラクターなのかとも思いますが、
媚びてなくてオリジナリティがあって、よくよく見ればあったかい目をしています。
映画の予告を観るかぎり、実写のキャラクター達は、絵本のイメージを
壊してはいないと思うし、音楽とか光とかスピード感があってわくわくします。
観てみたくなりました。2010年1月公開予定です。
公式HPは、日本版アメリカ版とふたつ。見ごたえありです。

キャラクター一覧はコチラからどうぞ >>>eiga.com

主人公の少年マックス
かいじゅうたちのリーダー的存在のキャロル
反抗的なK.W
皮肉屋のジュディス
その夫で最年長のアイラ
幼いかいじゅうのアレクサンダー
賢く有能なダグラス
無口なブル
/eiga.comより
Mac Soft Illustrator Graphic Design by MEGA GRAPHICS Tokyo 安い 口コミ 評判 評価 ロゴデザイン グラフィックデザイン 早い 納期 有名 賞 フットワーク 最新 ブランディング 広告制作 3D
CG キャラクターデザイン コピーライター グラフィックデザイナー アートディレクター つかえる




a0097984_0195644.jpgこ、こわいですね〜
やっぱり...
[PR]

by mega-graphics | 2009-10-16 00:14 | キャラクター

『マッピー』用ボーダー

<< 映画『アバター』 アメン神とツタンカーメン王の像 観た >>